G&Eライターズブログ

ライター・りゅうの記事一覧

実機制作日記最終回_総括

2015.3.23 掲載

皆さんこんにちわー。総合開発2年です。
前回の投稿からずいぶんと間が合いてしまいました。申し訳ありません。

僕らはもう卒業式を迎えてしまったので、総合開発2年ではなくなってしまったんですが、
まだ総括してなかったなーということで今回は実機制作を振り返った総括を書きたいと思います。

 

少し前になりますが、3/6に卒業発表があり、たくさんのパチンコパチスロ業界の方々にオリジナル実機を披露させていただきました。

こちらです!ババンッ↓↓

少し写真が暗くなってしまいましたが、作成したリールやパネルなどをはめ込み実際のスロットのような形にすることができました。
プログラムの関係上、実際にリールを回すことは出来ませんでしたが、PC上でのシミュレータではしっかりと動かすことができます。

 

実機シミュレータのスクリーンショットになります。↓↓

静止画なので少しわかりにくいですが、PC上で実際に遊技することができます。ちゃんとリールが回って液晶が動いて、
さらには某声優学校ともコラボをして、全キャラクターの音声もちゃんと入っています!G&E名古屋校に行けばもしかしたら打てるかも・・・?(笑)

 

実機の液晶はデモ映像(PV)を流しつつ、右横のプロジェクターで企画書のプレゼンを行いつつ、左横ではPC上でシミュレータを実際に打つことができるよう
実機制作特設ブースを用意していただけました。

中身はこんな感じ。リールが動かないだけで、あとはまんま実際のスロットと同じ!感無量です!

 

総合開発2年全員分の総括は量的に少し厳しいので、今回の筆者の僕と、実機制作のリーダーに総括を書いていただきました。

 

りゅう

『実機制作を振り返ってみて、ほんっっっとに色々ありました。
進捗の進み具合が悪かったりだとか、企画内容の意見で対立したりだとか、思うように作れなかったりだとか。
ほんと大変なことばっかりでしたが、今思うとやっぱり楽しかったなーと言うのが本音です。
自分達の好きなことを好きなようにやって、そしてそれをみんなで完成させる。他のコースでもグループワークなどはありますが、
ここまで大掛かりなプロジェクトは総合開発だけなんじゃないかなーと思います。
学校の普通の授業では就職で役に立つ技術などを学べますが、みんなで1つの実機を作るという実際の現場に近い経験というのは実機制作ならではだと思います。
みんなで何か1つの目標に向かって試行錯誤していくという経験が一番大きな収穫だったと思います。
実機もちゃんと完成して実際に形になって、企業の方々にも高い評価をしてもらえて満足しています。本当に楽しい1年でした!』

 

リーダー

『これまでG&E総合開発二年のブログを読んでくださった方、本当にありがとうございました。

「一年でオリジナル台をつくる」というプロジェクトのリーダーというポジションをやらせていただきましたが、リーダーとして至らない点がかなり多くあり、グループのみんなにはたくさん迷惑かけたと思ってます。 独断先行してしまったり、絶対にここだけは譲れないとわがままを言ったりしてすみません。 失敗するたび色々と勉強になりました。

最終的にオリジナルでこのような台が作れたのは、各個人個人が一生懸命頑張ってくれたおかげです。 本当に感謝でいっぱいです。

私は4月からパチスロ制作会社に入社し、企画や開発が仕事になります。 たくさん面白い台を作って皆さんにとどけていできたいです。 一年間ありがとうございました。

 

 

今回で実機制作日記は最終回になります。今までちらっとでも見てくださっていた方々、本当にありがとうございました!
僕らの実機制作は終わってしまいましたが、今後もこのような制作活動や授業の内容、作成した作品などなど、どんどん載せていく予定ですので、
これからもG&E+ONLINEをよろしくお願いします!!

2014年卒 総合開発2年 一同

実機制作日記⑫_出玉関連

2015.2.25 掲載

みなさんこんにちは

今回は出玉関連について説明させていただきます。

まず出玉設計の流れから説明します。はじめに本機のおおまかな仕様を決定して、そこから小役確率やCZ、ボーナス、ART中の抽せんなどを決めていきました。

↓会議中

レア役の確率は、まず通常時の50枚あたりのベースを約30Gに決定し、1000円に一回はレア役が引けるように確率を定めました。

また、弱小役で高確移行抽せんやベルでCZの抽せんを行うなど、遊技中いかに飽きさせないかを考えて作りました。

↓小役・ボーナス確率決定

スペックはパチスロの心臓部と言えるので、現行の機種と比べても負けないくらい面白いと思えるようなスペックになるように、総合開発コース全員で話し合いながら設計しました。実際に遊技可能となるようにスペック調整するのはかなり大変な作業でしたが、すごくやりがいのある作業でした。

 

数字だけではあれなので、最後にイラストも少々

桃太郎たちのミニキャラです。

 

実機制作もいよいよ大詰め!! 次回は、実機開発の「総括」をお送りいたします。

果たして無事に完成するのでしょうか?

どうぞご期待くださいヽ(・∀・)ノ

実機制作日記⑪_差枚数ART「学園ふわふわDAYs」

2015.2.18 掲載

みなさんこんにちは

実機開発日記もあとわずかになりましたが、最後までお付き合いくださいヽ(・∀・)ノ

今回は本機種最大の目玉、差枚数管理ART「学園ふわふわDAYs」について説明させていただきます。

学園ふわふわDAYsは、ARTが4連すると5連目に必ず突入する差枚数管理ARTです。

突入で次回のARTは確定!!

初期差枚数は100枚です。

差枚数管理なので、ここまでベルの引きが弱くて枚数をあまり獲得できていなくても、一定の枚数を必ず獲得することができます(´∀`)安心

 

そして、全役で差枚数・G数・セット数を上乗せします。 上乗せ確率はなんと驚異の1/11

一つの小役で差枚数・ゲーム数・セット数のトリプル乗せすることも((((;゚Д゚))))

差枚数

ゲーム数

セット数

純増も2.0枚とあまり高純増ではないので、たくさん遊技できます。

 

 

演出も通常ARTはバトルメインですが、がらりと変わり、女の子キャラたちの日常などがみれます。

↓↓遅刻しそうな桃太郎

↓↓猫を抱く一寸

 

そして連チャンするごとに季節が進行

いろいろなキャラの日常が見れるので、ふわふわが待ち遠しいですね~(n‘∀‘)η

 

今回はここまでです。次回は出玉関連について紹介します。お楽しみに!!

 

 

 

 

 

実機制作日記⑩_ART「御伽戦記」

2015.2.7 掲載

どっどっどうも!みなさま!こんにちは!総合開発2年です!

今回は本パチスロ機において、メインの出玉獲得契機となる、ART「御伽戦記」 について説明させていただきます。

※こちらは突入時の画面(キャラによって継続率などを示唆します)

↓↓↓↓気になるART性能は以下の通りです↓↓↓↓

・1SET 25G
・純増 1G/2.0枚
・継続率 25%~80%
上乗せは SET数、ゲーム数、差枚数 のトリプル上乗せを搭載!!

1セット25Gと短いですが、継続率が最低25%あり、上乗せ性能 約 1/50 と軽めです。
ですので上乗せ演出を楽しめる仕様となっております。ガシガシ乗せてARTを継続させていきます!

 

ロゴがどどどどーん!!!!と出てくると1SETの上乗せです。

さらにー?

ゲーム数も上乗せしちゃいます!

トリプル上乗せの3つ目、差枚数は次の記事で紹介します「学園ふわふわDAYs」にてガシガシ乗せますので
そちらの記事をお楽しみに・・・!

 

そして、20Gを消化したあとのLAST5Gで継続をかけたバトル演出に突入します。

バトルでは桃太郎率いる女子チームと牛若丸率いる男子チームのタイマンバトルが発生します。


上画像左の牛若丸は男子チームのボスなので必ず4連目での登場となります。

見事勝利でART継続!!4連目勝利で次回継続確定+差枚数をメインとしたトリプル上乗せART「ふわふわ学園DAYs」へ突入します。

ではでは、ARTについての説明はこれくらいにしまして!次回トリプル上乗せARTの肝となる「ふわふわ学園DAYs」の説明になりますので
どうぞ、ご期待くださいませ☆

 

 

 

実機制作日記⑨_通常時連続演出

2015.1.31 掲載

皆さんこんにちわー。総合開発2年です!

今回は通常時の連続演出について書いていこうと思います。

紹介する演出は、一寸と金太郎の2つの連続演出です。
壊れたぬいぐるみを直すために糸に針を通すと、馬鹿デカイ木を倒す演出を作りました。

まずは一寸連続演出から。

【うさちゃんを救え!一寸】

綿がでて痛々しそうなうさちゃんですね(;一_一)

つぎに成功かの演出!!

ここで糸に針を通せればぬいぐるみを直すことができます! (力入れすぎでしょ、ぷるぷるしてるもん)

はたして成功したのか・・・

↓↓↓↓ 結果は ↓↓↓↓

 

通りました!!そして

成功!! ぬいぐるみを直すことができました。(ぬいぐるみ直すのはやっ!!  てか、裁縫うまいのに糸を通すのどんだけ苦手なんよ) (;一_一)

 

そして、次は金太郎連続演出です。

【木を倒せ!金太郎】

倒すにしてもでかすぎるでしょ・・・ これだけデカイと樹齢何年だろう。てか自然遺産的なものに該当してそう・・・

まぁ、気を取り直して次は斧を選ぶ演出です

見にくいですが左から 銅・銀・金 ですね (銅とか金とかだと斧のほうが折れそうですよね)

そして次は~~~

カットインお決まりですね~~  青と赤の二色をご用意しておりますよ(^v^)

そして~~~ (まぁ、むりでしょ)

木が~~~ (いやいや普通は無理でしょうよ・・・)

た、たた、たおれたーーー!!!!  (ー_ー)!!

いやいやもう言葉も出ませんよね・・・さすが金太郎さんですね((+_+))

 

このような連続演出成功でCZ「桃太郎チャンス」に突入します!!(もしくはBONUS)

次回はいよいよ、ART「御伽戦記」について紹介していこうと思っています。お楽しみに!

実機制作日記⑧_御伽BONUS

2015.1.25 掲載

みなさんこんにちは~ヽ(・∀・)ノ 総合開発二年です。

今回はボーナスについて説明します。

 
ボーナスは紫七と桃七の二種類


どちらのボーナスも性能は同じです。

御伽BONUS

獲得枚数約100枚 JACINタイプ
ボーナス確率 1/980

ボーナス中はキャラの紹介が流れたりします。

ボーナス中にカットイン発生で特殊JACINのチャンス!!
BAR and 7 を狙え!!


カットインはキャラクターがステップアップするほどチャンス!!

見事揃えばかぐやRUSHに突入


『かぐやRUSH』


かぐやRUSHはG数上乗せ特化とセット数上乗せ特化の二種類が存在

かぐやRUSH     バーが揃うたび御伽戦記のG数上乗せ
かぐやRUSH極 セブンが揃うたび御伽戦記をストック

 

御伽BONUSは、
CZ or ART中に引ければ御伽戦記ストック確定!!
通常時のボーナスでもCZ or ART期待度は50%over!!
ボーナスの確率が少し重い分、ボーナス自体はかなり熱い仕様になってます。

通常時でもART中でも、この御伽BONUSを引く事によって
大量出玉獲得のきっかけになり得る…かもしれません!

 

ではでは、またの更新をお楽しみに!

実機制作日記⑦_中パネル&リール配列

2015.1.18 掲載

みなさん、こんにちわー。総合開発2年です!

今回は、筐体の中パネルのデザインとリール配列を公開したいと思います。

 

【中パネルデザイン】

桃太郎と牛若丸のピンク&紫のカラーをイメージして作りました。華やかな感じに仕上がりました。

 

【リール配列】

『本機種のリール配列についての解説』
ここからは少し詳しい内容になりますので、興味のある方のみ読んでみてください。

はじめに、この機種は中段1ライン機となっています。
上段や右下がりに小役が揃っていても、実際は中段に揃っている図柄の組み合わせで判定しているというわけです。

 

 

 

この機種は後日詳しく述べますが、BONUS中にJACゲームを搭載しています。

JACゲームの仕様を簡単に説明すると、「小役ゲーム(通常時)」→「JACゲーム(ボーナス)」→「小役ゲーム」→「JACゲーム」→「・・・」
の流れを繰り返し 、規定の払出枚数を超えるまで続いていきます。
このときJACゲームの開始時( JACIN )はボーナス入賞となっているので、ちゃんと揃えないと始まらないものもあったりします。

この機種ではその特定のJACIN 時にBAR揃いや7揃いをさせることによって、特殊リプレイ高確率の上乗せ特化ゾーンとしています。
「特殊JACINの出目」
  

そして、このJACIN を七揃いやBAR揃いをしていない状態で始まることを避けるために、特殊JACIN 時はその停止形でしか成立しないようにしています。
具体的には、左リールにはチェリーは1つしかなく、右リールのリプレイ(泡)は桃七の上にしかなく、桃七とBARに挟まれたスイカは右リールに1つしかありません。 もちろん中リールのBARと桃七も1つずつしかありません。

このようにして、ちゃんと揃えないと開始しない、BAR揃いJACIN と七揃いJACIN を作っています。

 

 

そして、もうひとつ大切なことが押し順ベルを作るための配置です。

本来、押し順の正解不正解によってベルを取りこぼすというのは5号機の規定では禁止されています。

そこで、押し順正解時のベルとは別のフラグを用意してそれを同時当選させ、不正解時はそちらを引き込む、そしてそれを取りこぼすことによって押し順不正解時にベルを取りこぼすということが可能になります。

 
本機種では押し順不正解時には上段にベルを引き込むようにしています。

上段にベルが停止するので実際にはベルの1つ下の図柄で判定を行っています。

しかし、各リールのベルの下の図柄は2種類ずつ用意されており、(例えば中リールではBARとチェリー)その2つはどちらかは取りこぼすようになっています。

それを取りこぼして始めてベルを取りこぼすことになります(押し順ベルの実現)。なので、第二停止、第三停止でそれぞれ2択×2個で押し順不正解時には1/4で上段にベルが停止するようになっています。

 

このように実際のスロットの規定、規則を学び、理解し、それをこの実機制作にも反映させています。

 

今回説明したJACINや押し順ベル作成の方法は数ある中の一部です。他の方法でももちろん作ることは可能です。

スロットを打つ方なら、一度はリール配列を見るかと思います。そのときになんでこんな配列なんだろう?とか、この図柄の組み合わせはなんなんだ?などと考えるとリール配列の奥深さを感じることができて、スロットがより楽しくなるのではないでしょうか。

スロットのリール配列はこのようにして作られています。(たぶん笑)

 

気づいたらかなり長文駄文になってしまいました。僕はリール配列を考えたりするのがとても好きなので、あれもこれも書きたいと、だらだらと書いてしまいました。すいません…。

最後に、少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!

実機制作日記⑥_図柄デザイン

2014.12.20 掲載

みなさん、こんにちわー

今回は、図柄デザインについて書いていきます!

お伽話がモチーフとなっており、「桃太郎」「金太郎」「一寸法師」「浦島太郎」のお話のキャラクターがメインの女の子となっているので、
そのお話を連想させるような図柄デザインを考えました。

【小役図柄デザイン】

後々、リール配列も公開していきますが、配列の関係上、「リプレイ」と「スイカ」は2種類必要となってくるので
形違いで2種類作成しました。よくみると違う図柄だったって既存の機種でもよくありますよねー。

 

続きましては、七図柄のデザインです!

【七図柄、BAR図柄デザイン

七図柄に関しては、やはり主人公である「桃太郎」、さらにライバルである「牛若丸 」の2人を使用しました。
この2人がライバル関係であるため、桃太郎が「動」、牛若丸が「静」をイメージして2人の対極化を出しました。

BAR図柄に関しては、王道のタイトルロゴ。このタイトルロゴの文字も自分たちで作成しました。
筆文字に関しては最近のパチンコパチスロには必須になってきていますよね。
こうした学校で習った様々な技術やスキルを活かして、 実機制作を行っております!

 

それでは今回はこの辺で。次回の更新は年明けになります。皆さん良いお年を!

 

3Dモデリングやってみました!

2014.12.20 掲載

みなさんこんにちは!

最近のパチンコパチスロにおいて、パチンコの図柄であったり、演出であったり、3Dのデザインは必須となりつつあります。
なので、今回は、そのスキル習得のためにも、3Dのモデリングをやってみました!
パチンコの図柄で使えるような数字の7をデザインしてみました。

 

今回は、『Blender』という無料のツールを使ってデザインしました。
無料でもここまでの事ができるんですよねー、ホントすごい!

今後のパチンコパチスロ業界において、3Dの技術はどんどん必要とされていくと思うので、
スキル習得のために、日々がんばっていきます。

【今回作成した3Dモデリング】

実機制作日記⑤_チャンスゾーン

2014.12.13 掲載

皆さんこんにちわー。総合開発2年です。

今回は、CZ『桃太郎チャンス』を紹介したいと思います。

このCZは完走型となっており、全小役でART抽選をします。
CZの基本ゲーム数は10Gとなっていますが、ゲーム数がなくなりCZが終了するかと思いきや、チャンスゾーン継続のゲーム数表示されることもあります。11ゲーム目以降のART当選率は、以前よりも格段にアップしており、ART当選、さらにセット数の複数ストックに期待することができます。

チャンスゾーンのラスト1Gにて斬撃演出が発生します。
桃太郎が画面を斬り裂き、『御伽戦記』ロゴが出現すれば、ART当選確定となります。
さらに、次ゲームに桃太郎が「まだまだ!」と叫べば、再度画面を切り裂いてARTストックをさらに獲得できます!

前回もお伝えしましたが、CZを完走型にすることで、CZの途中でARTに当選しても、CZは継続し、ARTの複数ストックを期待することができます。
ここでの複数ストックが大量出玉獲得のカギを握っていきます!

最後に、CZラストの斬撃演出のgif画像を公開します。ファイル容量の関係で少し画像小さめ画質粗めですがご了承ください。
ではまた次回の更新をお楽しみにー!

1 2

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  • パチ検
  • 今週のオレリーチ

    2016/7/26 UP
    by G&E Nagoyaさん

このページの先頭へ戻る