ライターズブログ

作品紹介

あるある演出4

2017.8.17 掲載

皆さんこんにちは。

お盆休みはいかがでしたか。

ZAKIは某魔法少女に貢ぎ続けておりましたが

この子が見事なまでのやらずぼったくりの不良少女でございまして

たまに「がんばろう」とか「チャンスかも」とか優しい言葉で折れそうな心を支えてくれるのですが・・・。

貴重な休日と大事なマネーをむしり取られました(涙

私のチョイスした子はツンデレさんだったですよね。(多分

次に会うときはデレデレになってくれるに違いないなと確信しております。

まってろよ!

 

負け話はこの辺にして本日のあるある演出は

「割れる」です。

パチンコでもスロットでも割れない演出はないといっても過言ではありません(自分調べ

というわけで作ってみましょう。

アフターエフェクトの鉄板エフェクト「シャター」を使って作っていきますが

デフォルトの粉砕マップではなく任意の粉砕マップを作って割ります。

まずはひび割れた画像を用意してフォトショップで加工します。

加工内容は色を白黒に変換します。

加工が終わったら割る素材とともにAEに読み込ませます。

ただ割るだけではつまらないので割れ目から光を発しながら割れるという

お約束パターンを作ろうと思います。

まずは割れ目からの光を作ります。

レイヤーの順番をヒビ素材、割る素材の順にして割る素材のマットをルミナンスキー反転にします。

するとヒビの部分だけが表示されのこりはマスクがかかります。

これにライトバーストなどをかけて光が伸びる効果を付けます。

次に粉砕マップを作ります。

新規コンポを作り、先程と逆に割る素材、ヒビ素材の順にしてヒビ素材のマットをルミナンスキーにします。

このコンポを粉砕マップに使用します。

新規コンポ作って割る素材と先程作った粉砕マップコンポを読み込みます。

割る素材にエフェクトの「シャター」をかけます。

デフォではワイヤーフレーム表示になっているので表示の項目を「レンダリング」にします。

次にシェイプの項目のパターンをカスタム。

カスタム粉砕マップを読み込んだコンポにします。

すると・・・

割れ目に沿って割れていきます。

後はこれらをつないで・・・

完成です。

 

真っ二つにしたいときは粉砕マップを白黒半々にすればOKです。

 

来週からまた講義が始まります。

生徒達の上達も著しいのでまた作品を紹介しますね。

それではまたお会いしましょう。

アディオス!!

 

 

図柄変動をカメラでつくる

2017.8.8 掲載

みなさん。こんにちは。

前々回に登場したKATOです。

学校も夏休みに入るのでAEを忘れないように

AEのカメラを使った

動画作成に取り組んでみました。

イメージは奥から図柄が迫ってくるような変動です。

まずは素材を用意します。せっかくなので数字もデザインしてみました。

イラストレーターとフォトショップで作成しました。

この数字を変動させます。

AEを起動させて素材を読み込みます。

読み込んだ素材をAEのカメラで奥から迫ってくるような感じに

撮影します。

カメラはヌルオブジェクトに追随させるように親子付けします。

ヌルオブジェクトの位置を移動させながらプレヴュー画面で

イメージした動きを付けていきます。

全ての数字を撮影し終えたら後は上手くつなぐだけです。

時間の都合上、変動は全回転です。(笑い

今回は端折って作成しましたが、次回はエフェクトも併せて作りたいと思います。

それではまた次回にお会いしましょう。

あるある演出3

2017.7.29 掲載

みなさんこんにちは。

暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

G&EのパチクリたちはAdobeツールの技術向上に励んでおります。

今週もあるある演出を作成したKAMIが作品紹介をしてくれるようです。

それではお願いします。

 

はい、G&E名古屋校のKAMIです。GODとは違いますので悪しからず。

自分の作ったあるある演出は「フィルム演出」です。非常によく見る演出ですので

抑えておこうと思い作ってみました。

まずは素材を用意します。

フィルム画像、中にはめ込む画像を用意してPSで合成します。

フィルムの合成画像が出来たらAFで読み込みます。

コンポサイズはフィルムの横幅の2倍くらいはあった方が良いです。

読み込んだフィルム素材を右から左に動くようにキーフレームを打ちます。

長い方がフィルムが流れている時間を長く出来ます。

動きを付け終えたらプリコンして新規コンポを作成します。

サイズは通常サイズ、今回は800×600で作成しました。

プリコンしたフィルム素材をこのコンポに入れてエフェクトをかけます。

エフェクト名は「CC PAGETURN」。

紙がめくれるような効果を付けてくれます。これを使ってフィルムを曲げていきます。

3本くらいフィルムを走らせて最後は停止からの~~~みたいな感じに

作っていきます。

できあがりはこちらです。

自分は全くPCを触ってない状況からのスタートでしたが何とかなるもんですよ。

映像を作ることがこんなに楽しいとは・・・。

これからも映像クリエイターを目指して日々精進です。

ありがとうございました。

 

超PC初心者だったKAMIがこれぐらい作れるようになるんですね。

作品提供ありがとう。またお願いしますね。

それではまた来週!!!

あるある演出2

2017.7.22 掲載

皆さんこんにちは。

本日はG&E名古屋校のKATOがあるある演出を作成してくれました。

Adobeのツールを使い始めて2カ月。

どんなものが出来たのでしょうか。

早速、紹介してもらいましょう。

 

KATOです。

自分が作成した演出はカード系の演出です。

よく見るカードーが集まって一つの絵になるあれです。

まずはPSで画像を加工します。

画像を読み込んでガイドを作成。

ガイドに沿って画像をバラバラにしていきます。(ガイドに沿ってコピペ)

レイヤーごとに画像をバラバラにしたらPSDで保存します。

次にAFを起動して作成したPSDを読み込みます。(コンポジション(レイヤーサイズを維持)で読込)

するとコンポの中にバラバラなレイヤーが入っているのでこれに動きを付けます。

各レイヤーを3Dレイヤーにして奥行をもたせると感じが出ます。

更に背景を置き、カメラで撮影して完成になります。

で、できたのがこちら。

演出を意識して作成しました。

AEを習い始めて2カ月。

技術的にはまだまだ未熟ですが自分で考えて作る・・・ 楽しいです。

以上でKATOの作品紹介を終わります。

ありがとうございました。

 

はい、習って2カ月にしては中々の出来栄えではないでしょうか。

それではまたお会いしましょう。

 

あるある演出

2017.7.12 掲載

皆さんこんにちは。

更新を首を長くして待っていた(待ってない?)パチクリの皆さん!

お待たせして申し訳ございません。

新入生の対応や講義などで・・・。

これから更新頻度を上げていきますので生暖かい目で見てやってください。

さて本日のレシピは

魔法陣! パチパチパチ!

魔法少女好きなあなた、必見ですよ。(笑い

まずはフォトショップなどで魔法陣を作ります。

注意点は展開する部分のレイヤーを分けて作る事です。

外円、中円、内円といった感じでレイヤーを分けます。

作業が終わったらpsd形式で保存します。

次にアフターエフェクトを起動して作った素材をコンポジションで読み込みます。

するとアフターエフェクトにレイヤーが分かれた状態で読み込まれるので

これ一つ、一つに動きを付けます。

そうそう、3Dレイヤーのチェックボックスにチェックすることもお忘れなく。

回転とスケールを使って自由に動きを付けましょう。

動きがつけ終わったらカメラを配置してお好みのアングルを設定します。

最後に色付けして完成です。

こんな感じに作れたかな。

最後にライトバーストなどで光を出してやると演出っぽくなりますよ。

それではまたお会いしましょう。

 

簡単です。

2017.5.15 掲載

皆さんこんにちは。

早いものですね~。

GWも終わり生徒たちの講義が始まりました。

今年も開発系生徒作品をUPしていきます。

お楽しみに。

さて、毎年恒例の?図柄作成講座です。

チョー簡単に作ってみましょう。

まずはイラストレーターさんに登場してもらいます。

テキストで7と入力しました。これのアウトラインを作成して・・・。

拡大縮小、パスの調整、オブジェクトの合成でデザインを決めます。

完成したらフォトショップに作画したイラストレーターのレイヤーをドロップ!

ドロップしたレイヤーにwebスタイルを適用します。

もう一枚は選択範囲を縮小して作ります。こちらにもwebスタイルを適用します。

アクセントにキャラクターを赤い部分にクリッピングマスクで透かします。

さらにきらりとした光を付け加えて・・・・。

完成です。

微調整をして

こんなんで来ました。

誰でも簡単に作れますので是非、チャレンジしてみてください。

それではまたお会いしましょう。

【RUSHロゴ】を作成!

2017.4.22 掲載

今回はVコン程度の完成レベルですが、【G&E RUSH】ロゴを簡単な動き付け込みで作成してみました!

作品としてはまだまだですが、土台としてここからブラッシュアップする分においては問題無いかな~って感じです

↑ 整理も兼ねて上の画像のようにしてみました!

自分だけしか分からない構造なので、もっとみんなで運用できる形にしないといけないかもしれないですね…

↑ 上の画像は途中経過の段階のもので、正面から見たロゴとなります。

立体感はアフターエフェクトだと限界があるので、ミルフィーユみたいに重ねて立体っぽく作成しています…

↑ それで完成した動画がこちらになります!

まあ、一時間で動き付き込みなのでこんなもんかって感じです…

 

それでは、また今度作成したらお披露目したいと思いますー

ではでは~

よく見るやつ。

2017.3.27 掲載

みなさんこんにちは。

春も近づきつつある今日この頃ですが

いかがお過ごしでしょうか。

本日のお題は

「よく見るやつ」

という事で画像やテキストが光の粒となって飛んでゆくというあれを

作ってみようと思います。

それでは始めましょう。

今回飛んでいただく方は・・・・。黒薔薇やパイセン2でもお馴染み

ジロウさんです。パチパチパチ

まずはAEを立ち上げて、飛ばす素材を読み込み、画像サイズのコンポを作成します。

つぎに編集用コンポを作成します。(コンポを2つ作ることになります)

編集用コンポに平面を作成してエフェクト(パーティキュラ)をかけます。

パーティキュラのエフェクトメニューを下記の通りに設定します。

Emitter: Layer

次に編集用コンポに画像コンポを入れます。

したらば、パーティキュラのエフェクトメニューを下記の通りに設定します。

Emitter ⇒ LayerEmitter ⇒ Layer(画像コンポ名を選択)

すると読み込んだ画像内から粒子が出てくるようになります。

あとはお好みでパラメーターの調整をして下さい。

今回はこんな感じです。

それではまたお会いしましょう。

アディオス!!

あの時の心情を表すと・・・。

2017.3.18 掲載

皆さんこんにちは。

今回はブラックラグーン2での出来事と

その時の心情を動画にしてみました。

現在ゲーム数は1265ゲーム。

強チェリーを引いたところです。

まさに恐怖。

おれの30kを無駄にしないでくれ~

それではまた。

カットイン!

2017.2.28 掲載

みなさんこんにちわ。

2月も今日で終わりですね。

多少は温かさを感じる日が多くなったような気がします。

そんな今日この頃ですが・・・・。

G&Eでは生徒の作品発表会が控えております。

今まで学んできたことの総決算!!

出し惜しみなく全力を出し切ってほしいものです。

 

さて、2017年初のネタは何にしようかなっという事で。

カットイン~~~。

ベタなネタですが作ってみましょう。

素材を用意して・・・・。

 

AEであんなことこんなことをすると・・・!

出来た!!!

舞ちゃんカットインの出来上がり。

久しぶりに作ってみたけど出来はどうあれ

楽しいね。

それではまた来週!?

アディオス!!

1 2 3 4 8

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
  • パチ検
  • 今週のオレリーチ

    2017/8/5 UP
    by G&E Nagoyaさん

このページの先頭へ戻る