ライターズブログ

ありそう演出(笑い)

ライター:| 2017.9.1 掲載

みなさんこんにちは。

本日は私、「KAMI」が「あるある」ならぬ「ありそう演出」を作ってみましたので

紹介します。

紹介する内容はラインエフェクトです。

ようは光の線ですね。

それではまずAEに線を描くための準備としてAI(イラストレーター)で

自分のイメージするラインを引きます。

今回はこんな感じです。

この線をコピーします。

AEを立ち上げてコンポ、平面を置いて貼り付けます。

すると貼り付けたパスがマスクとなります。

今回はパーティクルで線を描きますのでパーティキュラーをかけます。

ライトに追随させるように設定して、位置にマスクを貼り付けます。

するとライトがパス上を動くようになります。

後はパーティキュラーの調整をしていきます。

調整メニューのvelocity関連とEmittersizeをすべて0.0にします。

パーティクルのサイズ、パーティクルタイプを調整して下地が完了です。

後は彩色とブラーやグローなどで味付けして完了です。

複数コピーしてお好みの形に配置します。

こんな感じになりました。

いかがでしたでしょうか。

自分もまだまだ初心者ですのでこれからももっと勉強して

みなさんにご紹介できたら良いなと考えています。

それではまたお会いしましょう。

 

コメントする

お名前(必須)
Email(必須)
URL
コメント

カレンダー

2018年7月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
  • パチ検
  • 今週のオレリーチ

    2017/8/5 UP
    by G&E Nagoyaさん

このページの先頭へ戻る